NPO法人 遠野まごころネット
盛岡事務所/もりおかクリエイティブラボ

本事業の平成26年度採択事例をご紹介します

平成25年度の採択事例はこちら


大槌湾ほたて養殖組合(大槌町)

支援対象物/ひょうたん島ホタテのぼり旗 デザイナー/ 関口雅代 氏(埼玉県)

大槌湾は、北上山地から海へと運ばれるミネラルによって、植物性プランクトンが豊富な漁場。良質なほたてが育ちます。一時は再開不能と考えておられましたが、多くの人にささえられ、2011年6月に組合を再始動。「目に見える関係」をテーマに直接販売・発送を行い、安く新鮮な、美味しいほたてを提供し続けています。

E-mail: ootsuchi-hotate@ezweb.ne.jp


千寶丸(ちほうまる)金山牡蠣/阿部清寿 氏 (大槌町)

支援対象物/金山牡蠣のぼり旗 デザイナー/もりおかクリエイティブ・ラボ

かつて砂金が採れた金沢地区の山から流れる大槌川(おおつちがわ)を活用する独特の方法から名付けられた「金山牡蠣」。以前は遠洋漁業の乗組員でしたが震災後の2013年から養殖を始めました。凝縮したミネラルをたっぷり含んでおり、若くて小ぶりながら、うまみと栄養が凝縮し、殻は薄く身はぷっくりとしています。


有限会社まるき水産/佐々木千鶴子 氏(山田町)

支援対象物/会社ロゴ・めかぶ丼パッケージ 
デザイナー/ 株式会社アールヨンジュウゴデザイン 佐藤健 氏(山田町)

山田町で海産物の卸業を行っていましたが、震災後に流通量が減少したことから加工業を開始しました。独自性があり、新たに山田の特産品となるような商品を目標に開発し、「めかぶ丼」シリーズを発売。アツアツのご飯にのせるだけで、簡単・手軽に三陸の幸を堪能できます。その他に「漁師の生ふりかけ」シリーズも人気。

ホームページ http://marukisuisan.net
一本松商店  http://store.shopping.yahoo.co.jp/gei-iwatemeisan/gui036001.htm


南部鮭加工研究会/佐々木信男 氏(宮古市)

支援対象物/商品ロゴ・パッケージ デザイナー/ 川口印刷工業株式会社(盛岡市)

本州一の鮭の水揚げ量を誇る宮古市。豊富な資源を活用し、独自の加工品作りで地域の活性化に取り組んでいます。「鮭博士」と呼ばれる中島哲氏の師事の元、佐々木さんは鮭の冷燻の開発を進めています。低温でじっくり時間をかけて燻した鮭はしっとりとした生ハムのような食感で上品なコクのある鮭の旨みを味わえます。

平成26年度 岩手県水産加工品コンクールにて「鮭冷燻ケズリ」は水産長官賞受賞!


新おおつち漁協女性部/新おおつち漁協共同組合(大槌町)

支援対象物/のぼり旗 デザイナー/五十嵐真弓 氏(東京都)

大槌町は豊かな自然とプランクトンに恵まれた漁場です。わかめ、こんぶ、ほたて、牡蠣、ホヤの養殖や、アワビ、ウニなどの採介藻漁業、タコ、イサダなどの漁船漁業を行っています。その中で女性部は漁協の補佐的活動を中心に鮭のPRイベント出店・料理教室・魚食推奨活動など、さまざまな普及活動を行っています。


吉里吉里産わかめ/東谷幸子 氏(大槌町)

支援対象物/塩蔵わかめパッケージ デザイナー/阿部希 氏(花巻市)

岩手県大槌町吉里吉里(きりきり)地区で養殖組合に所属し、わかめの養殖を行ってきました。三陸産のわかめは高品質で評価も高いのですが、その中でも吉里吉里湾は唯一、岩手県の「わかめ種」の指定箇所となっています。消費者へ生産者の顔が伝わるようパッケージをリニューアルしました。このわかめ「うめがら まんず たべでみで」。


マタギ倶楽部/藤原勝志 氏(大槌町)

支援対象物/サフラン入り蜂蜜ラベル デザイナー/株式会社イオ・クリエイティブ(盛岡市)

蜂蜜の製造は大槌町周辺で行われ、アカシア蜜、リンゴ蜜、ニホンミツバチ蜜などありますが、主な商品はトチ蜜と百花蜜になります。山の恵み豊かな商品で、被災地が元気になればとの思いで活動をしています。ロイヤルカラーとも呼ばれた美しい色と豊かな香りをもつサフラン。安心、安全の国内産で新たな健康食としても注目。

ホームページ マタギ倶楽部


乾燥フルーツComeCome/新沼真弓 氏 (大船渡市)

支援対象物/あっぷるるんラベル デザイナー/ 株式会社キミドリ(陸前高田市)

普段から口にでき、なおかつ長期保存も可能な 「常美蓄」 というコンセプトから生まれた「あっぷるるん」。震災時、水や食器がなくても食べることができる非常食、保存食を備蓄しておく必要があることを感じたといいます。たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の補充、手軽にいつでもお召し上がりいただけます。

ホームページ 乾燥フルーツComeCome


さしはた牧場/差畑忠司 氏 (岩泉町)

支援対象物/海風モッツアレラチーズリーフレット・ラベル
デザイナー/有限会社ダブルス広告事務所(盛岡市)

貴重なジャージー牛から絞られるジャージー乳は、乳脂肪・乳タンパク質が高く、濃くて味わい深いという特徴をもっています。牧場内の「海風工房」で作られているのが「海風モッツアレラチーズ」です。弾力がある歯ごたえとほんのり甘いミルクの味を堪能できるチーズに仕上がっています。道の駅いわいずみで限定販売中。


いきいきフェア実行委員会/昆野香代子 氏 (宮古市)

支援対象物/三陸スウィーツ物語・シフォンケーキリーフレット、ラベル
デザイナー/有限会社ダブルス広告事務所(盛岡市)

東日本大震災後、地域の活性化のために地元食材をふんだんに使ったスウィーツを社会福祉協議会、生協、酒蔵メーカー、料理研究家と共に開発した商品。岩手に育まれた卵、牛乳、りんごジュース、りんごリキュール、ハチミツ、塩は安心安全で高品質です。ケーキの生地はしっとりふんわり。一つ一つ丁寧に焼き上げています。


大沢菓子店(まるきん)(野田村)

支援対象物/パッケージ・包装紙 デザイナー/阿部希 氏(花巻市)

大沢菓子店(まるきん)は、野田村で代々続く和菓子店です。東日本大震災の津波で大きな被害を受けましたが、無事に営業を再開されました。家族団らんの時に召し上がっていただけるようなお菓子を目指しており、お子様からご高齢の方まで多くの方に安心して楽しんでいただけます。新商品の「蒸しどら」も人気商品です。


佐々木勝正 氏 (盛岡市・山田町)

支援対象物/卓上商品カタログ デザイナー/もりおかクリエイティブ・ラボ

震災前は山田町に在住。被災後は盛岡市へ移住しました。もともと漁網を編んでいた勝正氏は、震災の際に支援を受けた方へお返しをしたいと考え、その技術を生かした漁網アートを制作。丁寧に編みこまれた作品に大きな反響がありました。現在では、盛岡市の「しぇあハート村」内で編み方教室を開催するまでになっています。

取扱い店舗:盛岡町家物語館、アイーナ4F、盛岡歴史文化館、鶯宿温泉長栄館、上田公民館喫茶ひだまり、しぇあハート村マルシェ


株式会社のだむら/観光物産館ぱあぷる(野田村)

支援対象物/ぱあぷるキャラクター デザイナー/オガサワラユウダイ 氏(盛岡市)

観光物産館ぱあぷる、国民宿舎えぼし荘を運営している株式会社のだむら。海岸では古くから製塩が行われており、重労働で作られた塩は大切な商品でした。製造された塩は牛の背に乗せられて雫石・盛岡近辺まで運ばれ穀物と交換されていました。塩を運んだ牛を「野田べこ」、運んだ道は「塩の道」と呼ばれています。

ホームページ ネットぱあぷる


鉄山染(普代村)

支援対象物/ホームページ デザイナー/もりおかクリエイティブ・ラボ

普代村の荻牛地区にはかつて、盛岡藩直営の割沢鉄山がありました。鉄山で働く人たちは、沢水を利用した風呂で一日の疲れを落としていました。風呂で使う手拭いは独特の色に染まりました。この染色が、虫除けにも効果があるとして鉄反応による独特の鈍い色味とともに珍重されたと言います。老若男女問わず、お楽しみ下さい。

ホームページ 普代村


NPO法人 夢ネット大船渡 様 (大船渡市)

支援対象物/ロゴ・ホームページ デザイナー/池田 真悠子 氏、もりおかクリエイティブ・ラボ

夢ネット大船渡は、平成18年に「地域おこし」と「NPO中間支援」を目的に設立されました。震災後は気仙地域の被災者支援として絵復興手芸品を販売しているほか、仮設住宅でのイベントなどの活動も行っています。岩手県より委託され「盛駅ふれあい待合室」を運営。2014年4月に三陸鉄道は全線運転再開しました。

ホームページ NPO法人夢ネット大船渡